海藏庵

海藏庵(かいぞうあん)は石巻市尾崎(おのさき)にある開創約七百年になる曹洞宗のお寺です。


 歴史

元々は現在地より数百メートル南側の久須師神社のあたりに草庵があり古くから僧侶が住んでいたと思われる。
海藏庵に残る板碑から延元元年~貞和四年(1335~1345年)の間に天台宗のお寺「海藏」(は寺・院・庵のいずれか)として建立された(一番古い板碑は弘安十年1287年でありこれ以前に開かれたという説もある。事実歴代の住職は弘安十年に開かれたものとして法要を行っています)と考えられておりその後臨済宗さらに曹洞宗のお寺として現在に至っております。
同時期に開山されたお寺は奥州における曹洞宗の本山として北上市の正法寺が貞和四年(1348年)に石巻市吉野町の天台宗日輪寺(現曹洞宗多福院)が貞和年代石巻市の時宗専称寺と旧河北町東福田のお寺(寺院名不明現曹洞宗長泉院か)がそれよりやや遅れ石巻市の曹洞宗梅渓寺が貞治二年(1363年)である。
開山は「洞叟仙公大和尚」(天台宗の僧と推測されるが臨済宗の大通禅師かその弟子に師事していたと思われる)といわれ延文五年(1360年)三月中旬に住寺したとされている。このとき「玄龍」なる高級武士団の(長?)「義有大禅定門」(詳細は不明であるが当時大禅定門は葛西太守のみに許された称号であることから太守クラスの人物とされるの支援で創建されたといわれる。
宝暦年間をはじめ数度の火災に見舞われたため寺の縁起・寺暦・過去帳等は消失し一切不明であるが臨済宗時代の本尊「聖観世音菩薩」は鎌倉建長寺開山の「大學禅師」(大覺禅師・蘭渓道隆)が開眼したと伝えられている。
元亀三年(1572年)正月に雄勝町の雪峰山天雄寺六世「大桂春応大和尚」により曹洞宗に改宗。現庵主は曹洞宗寺院として十九世である。お寺の歴史の割に住職が少ないのは小さいお寺であったので住職のいない(無住の)時期や他宗派の僧侶が住職を務めていた時期があるためと思われる。
明和九年(1768年)儒者田辺希文が藩主(仙台藩七代藩主伊達重村か)の命により海藏庵の板碑三基を調査確認したとの記録が残る。

 石巻地方に「大禅定門」とする例は吉野町多福院にある蓮昇大禅定門(葛西家八代満良とされる)の応永八年(1401年)一周忌・永享四年(1432年)三十三回忌塔と伊原津法山寺にある文明十九年(1487年)昭蓮大禅定(葛西十二代満重とされる)また特定できないが元徳三年(1331年)の安養寺殿大禅定門の三例がある。
※ 鎌倉時代の臨済宗の僧。西蜀培江の人。俗姓は冉。蘭渓は道号で道隆は諱。謚号は大覚禅師。無明慧性の法を嗣ぐ。来日して京都泉涌寺の来迎院に寄寓その後鎌倉寿福寺などに歴住したのち北条時頼の帰依を受け建長寺開山となる。また京都建仁寺で後嵯峨上皇に宗要を説いた。北条時宗の後援で建長寺に再住し円覚寺建立のために寺地を選定した。鎌倉禅宗の基礎を築き後世に大きな影響を与えた。弘安元年(1278年)示寂。世寿六十六才。


 宗派 曹洞宗(禅宗)
 本山 大本山永平寺 大本山總持寺
 本尊 聖観世音菩薩
 本寺 雪峰山天雄寺(石巻市雄勝町)
 山号・寺号   潮生山・海藏庵

 歴住  

  天台宗・臨済宗

開山 建長大通大和尚(勧請開山)
   洞叟仙公大和尚(創建開山)  
   妙幸禅師 
   天翁満公庵主 
   聞公庵主

  曹洞宗

開山  大桂春応大和尚(中興開山)
(雄勝天雄寺六世)
二世  南元宗超和尚
三世  明庵宗察和尚
四世  観峯傳宗和尚
五世  春山宗悦大和尚
(永井浄音寺六世)
六世  通遙幡玄和尚
七世  歩山海雲大和尚
八世  本有道鱗大和尚
九世  豊岩春隆大和尚
十世  他山号不和尚
(他宗派で号不明の意)
十一世 泰隋德淳和尚
十二世 聖麟本祝(悦)大和尚
(針岡松山寺十一世)
十三世 快山文壽大和尚
    有巖德麟和尚
    法山活應上座
    智観全應上座
    行英天瑞和尚
    大孝良安和尚
十四世 佛心圓良大和尚
(当庵退住後熊本県八代郡金剛村に於いて示寂)
十五世 雲龍道弘和尚
(姓 熊谷 梅木統禅寺へ転住)
十六世 英學文雄大和尚(中興)
(姓 佐竹 桜岡長源寺徒弟 永井浄音寺.桜岡長源寺.登米龍源寺へ転住)
十七世 大鱗秀明大和尚
(姓 佐竹 登米養雲寺徒弟)
十八世 辺海典雄大和尚(重興)
(姓 佐竹 針岡松山寺徒弟.同兼務)
十九世 現住 禅海泰生
(姓 佐竹 永井浄音寺徒弟.松山寺兼務)

 大通禅師(1249~1306年)は謚で名は子曇。臨済宗揚岐派松源派。中国台州(浙江省)仙居の人。文永八年(1271年)将軍時宗の招きにより来朝。東福寺の円爾・建長寺の蘭渓ともに相待す。弘安元年(1278年)元国に帰るも正安元年(1299年)一山一寧の来朝に付随して再び来朝す。執権貞時これを請じて弟子の礼をとる。相模の円覚寺に住し続いて建長寺に移る。徳治元年(1306年)十月正観寺に退去し二十八日に至って示寂。世寿五十八歳。建長寺の伝灯庵に塔す。